【悪質な情報商材追放❢】パリス昼豚FX 株式会社ビヨンド 吉田 俊之 のレビュー 詐欺 評価 暴露 検証

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもー!

今週もばずれた…。

toto BIG…。

ちくしょー!

toto BIGは、毎節J1とJ2の14試合の勝敗と機械がランダムで選んだ勝敗がピッタリ一致すれば、賞金がもらえるってしくみなんだけど、1等がなんと6億円!
1コはずしの2等と、2コはずしの3等と、3コはずしの4等まで賞金がもらえる。

俺は1等の6億円を夢みて毎週買ってるんだけど、なかなか当たらないね(笑)

4等もまだ当たったことがない。

ちなみに1口300円ね。俺は毎回3口買ってるんだけど。

6億円当たったら何しようか、もうすでに決めてます。

1:まず、自分専用のサッカーグラウンドを作る。ちなみに人工芝ね。本当は天然芝がいいけど、維持費がね…。いくら6億円あろうと、天然芝をベストコンディションで維持していくには、コストが相当かかると思う。

2:マイカーの購入。6億円あれば、フェラーリやランボルギーニの1台や2台は余裕で購入できるよね。ただ、それらのスーパーカーは、買った後の維持費のほうが高いってよく言われてるよね。はたしてどれくらいなんだろう…。それに俺、AT限定だし…。MTなんて運転できる気しないし…。
そこで、俺はレンジローバーを購入したいと思う。(約1000万円)
デカイけど、運転しやすそうだと思うから。ベンツのゲレンデもいいかもね。

3:世界最強のプー太郎、中田英寿氏の真似して世界中を旅すること。
いろんな国へ行って、Take Actionしたい。

4:脱サラして、タイへ移住。これは、ホント俺の夢。むしろ、6億円当たらなくても、いつかやろうと思ってる。
あの国に住めたら、どんなに幸せなことか…。

以上が俺の6億円当たったらやりたいことリスト。他にもたくさんあるけど。

BIG当たれーー!

===========================================================

販売者名:      株式会社ビヨンド
運営責任者:     吉田 俊之
サイトURL:      http://t-commu.net/pages/5FX/index.html
住所:        東京都渋谷区神宮前4-1-24オフィスイワタ第一2F
電話番号:      03-6275-0065
メール:       info@t-commu.net

===========================================================

●PRポイント

「5万円FX」5万円から再スタートして月の手取り100万円を実現した方法

============================================================

マニュアルは全188ページ。

初心者、経験者がこんな書類に目を通して、

ためになるって?どうためになったのでしょう…。

東大生が子供の勉強を教えるように、

既に成功しているトレーダーから直接教わるのがベストです。

私も教えてもらいましたよ。叱られたりもしました。

ノウハウが惜しみなくまとめられています。

手法は「完全裁量取引」ということなので、

いろいろヘンなものに手を出していった結果、

だれかプロに教わることになるでしょう。

いろいろトレード方法があるが、

自分に合ったトレード方法を見つけるって、

自分の力では時間がかかりすぎ、

現にそうした人がいるけど、かなり苦労したと聞きます。

仕事だってそうでしょう?(仕事に行きたくないー!)

始めは、1つ1つ教わるでしょう。

重い病気にかかったら名医と言われる医者に飛びつくだろうが!

マニュアルだけ渡して、「ハイ!終わり」っていう。

こち亀でも掲載している「インチキ不動産」の類だ。

初心者の方でも「インジケーターは相場の後追いでしかない」と分かった上で使用する事が

上達のポイントになります。

場でも同じ事が言えます。

インジケーターを多用すると、相場の動きが制限されます。

制限するという事は、柔軟性が無くなる事です。

柔軟性がないロジックでは、相場環境が変化すると、まったく使えなくなる訳です。

インジケーターなんて世界中のサイトにころがっているだろ!

もうこれ以上調べるのは、時間の無駄だな

トレードの上手い人は、そんなにインジケーターを入れてません!!

私が会う素晴らしいトレーダーはインジケーター1つだけ!

あとはモゴモゴ(企業秘密)

インジケーターになにかシグナル(傾向)が出るとしても

上手い人は、それがでる前にいろいろ対策しているんだ!

なにが出た後にトレードする(行動を起こす)のはもう遅いって!

例えば「MA線を越えたら~」とか「ゴールデンなんとか」、「デッドなんとか」とか

そういう事実が生じる後に行動を起こすとか、マジありえねー!

子供みたいなトレードで右往左往するなってんだ!

インジケーターのコレクターじゃないんだから!

世界中たくさんのコレクターのサイトがあるぞ!

上手い人に直接教えてもらえって何度言ったらわかるんだ!

なんで本当にトレードの上手い方が東京にいらっしゃるのに、

やはり東京は世界中でも稀有な都市と思いますよ!この分野でもだ!

直接面談で教えてもらいたいと思わないのかな?

コスパでもそのほうがよくて、手っ取り速いのに。

こんなの買うなんてもったいない。

ハイレバでトレードをすると、

逆に動くと大きな損害をなります、利益が出るときは良いが。
(特にGBPJPYなど)値動きが激しいので、ハイレバで逆に動くと簡単に資金が吹き飛ぶわけだ。

優秀なシステムかどうかを知るためにも、売買の取引を見極めるためにも

FXについて経験というものは必須です。

初心者の方は

FXに関する詐欺商材のセールスレターにある

「初心者でもサインに従うだけで!」

という文言を鵜呑みにせず、先ずは知識を深めることから始めよ。

「ツールが使える」「楽に稼げる」という言葉に

飛びつくのはやめよう!

判断する練習を重ね、利益が出るようにするには

それなりの練習が必要!

あわてて購入するものでもない!

うまくいったからと言って、それでよしとはならないはず。

まだ、足りないことが多いです。

結局、プロトレーダーに教えてもらうのが早いと思われ!

東京には確かにいる!20年前からそういう人と出会ってきました。

外人日本人問わず、彼らは本当にうまい!そしてとっても地味な人。

考え抜かれた技術を直接教えてもらい、

結果「自分で悶々と悩んでいたのが時間の無駄だった」ということがわかるぞ!

相変わらず、暗くて狭い小さな小さな村社会と

閉鎖・密封・隔離された室内での子供のお遊戯会。

何の成長も発展も未来も無い、検証以前である。

ご丁寧に話題に取り上げて差し上げる自体が時間の無駄!

同じ事の繰り返し、そして延々たる繰り返し。

大人の皆さんが何かをわざわざ考える必要も、相談する必要もない。

誰かに頼る必要も、依存する必要も、何もする必要がない。

精神年齢子供レベル同様の商品PRの繰り返し、

負け組同士の傷の舐め合い、終わりのない無限ブーメラン

負のスパイラル、負け組同士の足の引っ張り合い、

負け組同士の慰め合いごっこ。

手法が機能しているからと決めつけるのは簡単だ。

上か下にしか動かないのですから、

FXで勝っているうちは「自分は天才!この商材はすごい」と言うのと同じだ!

適当にエントリーいれば手法に関係なく勝つ時は勝つ、負けるときは負ける。

必ず負ける時はやってくる。

負けそうなときにどうすればよいか、対策を策定することが大事なのだ。

〇〇〇プライベートトレーディングレッスン」参加者を募集中!〇〇〇

当ブログでは、優秀なプロのトレーダーの方からトレード方法を

直接教わる「プライベートトレーディングレッスン」の参加者を募集しています。

このレッスンは、今後プロのトレーダーになりたい方、またはトレーディングを効率よく学び、利益を増やしたい方を対象に、プロのトレーダーから直接トレード方法を学ぶことができるレッスンです。

富裕者層の方々がジェントルマンドライバーとしてカーレースに参戦する際、ドライビングテクニックや装備品についての指導を、プロのレーシングドライバーから直接教えてもらうのと同じ考え方のレッスンです。

FXや株式相場は、サーキットで高速で走行するのと同じ位危険であるため、今回プロのトレーダーにご協力いただき、実践的なトレーディングの方法など、トレーディングに必要な知識やノウハウを、受講生1人1人にプライベートで教えます。受講後もなにか問題が発生した時でも担当したプロのトレーダーが親身にサポートいたします。

レッスン料はお問合せいただいた時にご案内します。

お問合せ:fujioutjet@gmail.com

免責事項:
本サイトでご案内する内容は、個人の経験、調査、取材の結果、数値化、方法論化されたものであり、
利益を保証するものではなく、投資判断に関しての助言を行うものではありません。
投資の最終判断は必ずあなたの責任です。

為替取引にはリスクが伴います。また、証拠金を上回る取引を行うことがありますので、
場合により、投資額を上回る損失を被る可能性があります。
為替取引に伴うリスクを十分理解した上で、自己責任の下で投資判断を行ってください。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。