EURUSD 5月5日 SELL SETUP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後はもみ合いながら下げた後に、
「トレンド線に接した後に急騰する」第1シナリオ。
あるいは「トレンド線を突破して急落する」第2シナリオで
進めたいと考えます。

1Hチャートを見ると
赤円で丸した箇所までレートが急騰する余地があります。
もみ合いから脱した箇所で買うのも一手です。

Follow me!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。