【悪質な情報商材追放❢】Airbnb赤字難民救済プロジェクト 日本民泊推進委員会 airbnb(エアビーアンドビー)プロジェクト 新川大地のレビュー  詐欺 評価 暴露 検証  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Airbnb赤字難民救済プロジェクト

運営会社  日本民泊推進委員会 airbnb(エアビーアンドビー)プロジェクト

運営責任者 新川大地

サイト   http://1gnitestrategy.com/launch/airbnb/sos/

所在地   〒169-0074 東京都新宿区北新宿3-2-1

Airbnb赤字難民救済プロジェクトで果たして稼げるのか?!

Airbnbは、よく見かけましたね。

東京オリンピックが決まってからというもの、

民泊ビジネスがチャンスだと考えた方々がたくさんいらっしゃいます。

民泊ビジネスとは、以下の通り。

【一般のホテル・旅館の宿泊施設数が不足するため、空き家をホテル代わりにして泊まって貰う】

ただ、民泊ビジネスは、空き家を貸すだけで楽に稼げるものではない。

ビジネスとして取り組むのであれば、必要な知識をつけ

法令違反に準じた業務を要します。

どう見ても初心者向きの案件ではないです。

営業できる日数も最大で年180日と定められ、

年の半分も営業できないというのもネックになります。

こうした規制によって、このビジネスは黒字化が困難なのが

明確であり現実的ではありません。

また、特定商表記に記載してある 「日本民泊推進委員会」

ネットで検索しても出てこない。
住所にはごく普通の賃貸マンションが建っていました。

存在しているのかも不明です。

「3ステップでどんな物件も黒字化できる!」 と主張してますが、

民泊ビジネスは年単位で賃貸契約を結ぶわけではありませんから。

殆どの場合、一泊とか2泊の短期間の貸出です。

当然、客が出入りするたびに、部屋の管理や清掃などが大変!。

また、民泊ビジネスは多くても年180日しか貸出することができません。

仮に清掃や管理といった雑務を代行サービスに任せ、

黒字化に成功したとしても、利益を出すには困難を伴います。

また、不動産にかかる法律の勉強も必要。

Airbnb赤字難民救済プロジェクトで、

民泊ビジネスにおいて黒字化させた事実はない。

ウェブセミナーを見るにしても冷静さを失わないようにしていただきたい。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。