【総括】トランプ大統領のアジア訪問:「世界平和の安定を図る」トランプ大統領と安倍首相、お粗末な対応で大顰蹙の文大統領  為替 評価 暴露 検証

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.「世界平和の安定を図る」トランプ大統領と安倍首相

今回まずは、徐々に公表されている安倍首相と米国トランプ大統領との

「ゴルフ会談および首脳会談」について総括します。

会談では、「朝鮮半島で軍事衝突が起きた場合、

韓国内にいる邦人をどう退避させるか」が議題に上がり、

韓国駐留米軍による邦人の輸送などを、

具体的な対応を協議していくことを確認した模様です。

今後、邦人退避について話し合いを行うということは、

まだ詳細が未定であるということであり、

直近の北朝鮮攻撃の可能性は低くなった、と推測できます。

(逆に公表してしまったら、朝鮮半島側に「お知らせする」ようなものですけど、とは青山繁晴氏)

安倍首相とのゴルフの際、

トランプ大統領は北朝鮮に対し軍事的選択肢を残すも

粘り強く外交努力を積み上げることとしました。

関係者間では「いつ先制攻撃するかという物騒な話は一切出ていない」という訳で

今すぐ北朝鮮を攻撃という訳ではなさそうですね。

今後、この緊張状態は継続しつつ、10年、20年と日本は朝鮮半島の人々と相対することでしょう。

また、ゴルフ会談でトランプ大統領は、

安倍首相が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」を高く評価しました。

これはいうまでもなく、先日「トランプ大統領のアジア戦略(※)」で話した

(※URL:http://fujisan2017.net/archives/2106

「セキュリティダイアモンド構想」のことですけれども、

トランプ大統領は「シンゾー。あのアイデアは素晴らしい。

まさにナイスショット!中国も北朝鮮について考えを変えるだろう」と、相当買っています。

今回は、6日の首脳会談において本件を「日米共通の外交戦略」とすることで合意しています。

現在、米国の国務省における重要ポストの多くが空席であり、

戦略立案能力が十分ではないトランプ政権にとっても、

日本が用意した戦略に乗っかることは、まさに「渡りに船」です。

今回の注目すべきは、

「日本が世界を視野に入れた戦略を立案。アメリカがそのハナシに乗っかった❢」

ということです。

安倍首相は、「地球を俯瞰した外交を展開したい」と明らかにしました。

まさにその通りに進めていると評価できます。

一連の政策は、トランプ大統領にとっても、

安倍首相はアジア戦略上の「良きカウンターパートナー」だと信頼するわけです。

2. 韓国国内しか見ることができない文大統領

反対に、地球の安定などなにも考えていないと思わせるのが韓国の文大統領。

① 日韓間で懸案の「竹島問題」、「慰安婦問題」を、他国である米国にPRする韓国

米韓の大統領が出席した7日の晩餐会には、

「独島エビのチャプチェ」なるメニューを出すのみならず、

慰安婦だったという女性を招待し、

トランプ大統領と抱き合わせるというパフォーマンスを行いました。

2015年、日韓合意によって慰安婦問題については「話は終わった」と不可逆的な約束をしたはずです。

慰安婦をこの場に連れてきたということは、

「日韓合意はないもの。国と国の約束には従わない」と世界に宣伝したということになります。

大韓民国という国家に対する信頼度について、ランクダウンは免れません。

また、韓国国内の日韓合意に反対する民衆にPRするためのパフォーマンスととることもできます。

② その他、目につく異常な行動をする韓国政府

トランプ大統領は、7日在韓米軍基地の将兵に対する慰問を目的に米軍基地に訪問。

その米軍基地にそこに青瓦台で出迎える予定だった文大統領が現れ、

その姿を韓国大統領府がSNSでライブ中継。

想定外の行動にアメリカ側が警告を受け制止を受けるという事件が発生しました。

また、米韓首脳会談でも文大統領が「日程を調整してでもDMZ(非武装地帯) を訪問するのがよい」と提案。

文大統領は「あすDMZに行くならば私も同行する」と発言。

その後、DMZ訪問は、

トランプ大統領が悪天候を理由に5分前にキャンセルし、

文大統領に待ちぼうけを喰らわせました。

余程腹に据えかねたのかもしれませんね。


【韓国の反応】日本出国日、トランプ大統領が文在寅をガン無視スルー!握手拒否でメラニア夫人の表情が激変!「トランプを好きにならずにはいられない」

URL: https://www.youtube.com/watch?v=rKbjxAVeS1M

【韓国愚行】文在寅、呼ばれてないのに在韓米軍基地を訪問w

⇒ トランプガチ切れ!!!【画像あり】更に食事会まで勝手に来る始末w

URL: https://www.youtube.com/watch?v=1ve0nrbfd1k


それにしても、韓国側のお粗末な対応!

「サプライズ」といっても、これは悪い意味でのサプライズ!

トランプ大統領の在韓米軍基地の慰問は、アメリカが国家行事として

元々予定していたスケジュールを壊してまで韓国大統領が基地に乗り込むとは非常識!

怒りを招く方のサプライズです。失礼極まりないです。

安倍総理とトランプ大統領のあまりの仲の良さに、文大統領が焦っているんでしょうね。

非常に内向きな対応だと言わざるを得ません。

弁護士の八代英輝氏は、晩餐会での韓国の対応を引き合いに出し

「文在寅政権の外交センスの低さを垣間見るような思い」、

「もう安定の告げ口外交、内向き外交ですね」と猛批判。

「北朝鮮に向き合うよりも、反日色の方がやはりそれで国内の数字が取れる、

ってことでしょうね」と呆れていましたけれども、

その通り。此の後に及んでも文大統領は韓国国内にばかり目が言っているように見えます。

トランプ大統領は、日本滞在中、安倍総理に

「あいつは何を考えているんだ」、「何なんだあいつは」

と文大統領への不満を口にしたと報じられています。

今回の訪韓でほとほと呆れたかもしれませんね。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。