【検証】トランプ大統領 安倍首相 ゴルフ外交による効果 評価 暴露 検証 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月5日、霞ケ関C.C.において、安倍首相は、

アメリカのトランプ大統領とゴルフを行いました。

安倍首相は、

「天気も本当に良く、また、倶楽部で皆さんにも温かい歓迎をしていただいて、

トランプ大統領も大変楽しんでいただいたのではないかと思う。

私も本当に楽しいひとときを過ごすことができた。

ゴルフ場では、ゴルフのプレー中ならではの会話も弾んだ。

さまざまな話題について、

ゴルフ場であればお互いにリラックスして本音の話ができるということもあるが、

いろんな難しい話題も時々織り交ぜながら、ゆっくりと突っ込んだ話ができたと思う。

ありがとうございました」とコメントしました。

また、ホワイトハウスの高官は、北朝鮮への対応や貿易の問題について

意見を交わしたとしています。

さらに、安倍首相は、朝鮮半島有事が発生した際の在韓邦人退避の方策について

協議する方向で調整と報じていました。

トランプ大統領もゴルフの様子をツイッターに上げ、

安倍総理に対する信頼感が伝わってきます。

アメリカ側のスタッフは、

「トランプ大統領がゴルフ場でカートを使わずに歩いているのは初めて見た」

とコメント。

しかし、「日米蜜月」を気に入らないのが朝日新聞。

11月4日、朝日新聞は社説で「何よりも重要なのは、

北朝鮮への軍事力行使は避けるよう釘をさすことだ。

気がかりなのは日米首脳が5日にゴルフをすることだ。

2月の首相訪米の際にはゴルフ直後に北朝鮮がミサイルを発射した。

トランプ氏との信頼関係を自負する首相には、その重い責任がある」と主張しています。

ゴルフ外交も、北朝鮮への軍事力行使も悪いことという前提。

上から目線で。

非難すべきは軍事挑発を続ける北朝鮮です。

朝日は、「ゴルフをするとミサイルが飛んでくる」と。

今回のゴルフが終わっても北朝鮮によるミサイル発射はなし。

北朝鮮への経済制裁は有効。

関係者によれば、北朝鮮の金正恩委員長は毎晩酒を浴びるように飲む

アメリカから攻撃という恐怖を酒で紛らわせるとの噂。

11月4日、アメリカのワシントン・ポストは、

国防総省幹部が米議員に宛てた書簡の内容を記事にしています。

北朝鮮と戦争になった場合

死傷者数予測を求められたことに対する回答として、

北朝鮮が保有する全ての核兵器の保管場所を特定してそれらを掌握する、

最も確実かつ唯一の方法は「米軍による地上侵攻」。

トランプより前の政権が「対話」を重視した結果、

北朝鮮に核開発を許してしまったと考えると、

現在の方針が効果を上げていると思いますね。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。