【発覚】女性起業家資金イニシアティブと、マスコミによるミスリード 詐欺 評価 暴露 検証

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも!

面白いことがどんどん起こりますね。

世界情勢は、TV見ているより面白いです。

マスコミの行動が稚拙なこと!こんなミスを続けると本当に大きな報道機関が倒産するね!

女性起業家資金イニシアティブと、マスコミによるミスリード

11月3日、安倍総理は東京プリンスホテルで行われた国際女性会議WAW! にてスピーチを行いました。

WAW!とは、「World Assembly for Women」の略です。

世界の様々な地域,国際機関から女性の分野で活躍するトップ・リーダーが参加し,

女性の活躍促進や日本及び世界における女性のエンパワーメントのための取組について議論を行う会議のこと。

この会議は安倍政権の最重要課題の1つ、

「女性が輝く社会」を実現するための取組の一環として

2014年から数えて第4回目の国際会議です。

この会議には、イバンカ大統領補佐官も出席して注目を集めました。

その中で安倍総理が「イバンカ補佐官が関わった基金に日本政府が資金を供出する」

と述べたと報じられ、一時騒ぎになりました。

誤って、マスコミが「イバンカ基金に57億」と報じた為、

安倍総理が日本政府として「イバンカ氏個人の基金に57億円を寄付すると表明したか」

と受け取られてしまったのです。

この正式名称は「女性起業家資金イニシアティブ」といい世界銀行が管理運営する基金です。

その目的は途上国の女性が運営する企業を支援するというもので、

米、日、英、加、独、韓など計14か国が支援を表明し、

総額325百万ドル以上にのぼる拠出がなされる予定です。

この基金は今年7月のG20サミットで立ち上げが決定。

10月の世界銀行・IMFの年次総会で設立された基金です。

イバンカ補佐官はこの基金の立ち上げには関与。

だが基金そのものにはタッチせず、

世界銀行のプレスリリースには「本ファシリティの構想に貢献し、女性の起業

という課題を強く支持してきたイバンカ・トランプ米国大統領補佐官は、

本ファシリティの運営管理または資金調達には関与しない」と記されています。

また、日本が57億円を拠出する予定であるということも、7月のサミット中に外務省から発表されています

つまり国際社会の合意のもとに設立された世界基金であって、イバンカ氏の個人基金などではないということですね。

先の国際女性会議WAW! での安倍総理のスピーチで資金供出に触れた部分を次に引用します。

自らもビジネスを立ち上げた実業家として、また、トランプ大統領が信頼する補佐官として、イバンカさんは、本年のG20ハンブルク・サミットで、女性起業家資金イニシアティブの立ち上げを主導されました。日本は、このイニシアティブを強く支持します。そして、最大拠出国の一つとして、5000万ドルの支援を行うことを決定しました。

安倍総理は、イバンカ補佐官は基金の立ち上げに関わったと言及しましたが、

個人基金だと受け取れるような文言はありません。

やはり、マスコミの勇み足というかミスリードと見做されても仕方ないですね

11月3日、社民党の福島みずほ参院議員はツイッターで「安倍総理のイバンカさんの基金に57億円拠出するという表現には違和感がある……トランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない。しかも個人的なプレゼントではない。みんなの血税だ」と批判していますけれども

先に紹介した通り、安倍総理は「イバンカさんの基金」とは発言していません。

情報の波に晒されている我々国民は、少しでも事実に近いものを求めて検証・確認し、

自分で判断していく姿勢が益々大事になってくるかと思いますね。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。