●●週刊為替見通し 波動分析 アウトルック 10月21日 USD&EUR通貨●●

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも!

いよいよ総選挙も終盤を迎えました。与党優位の大勢は不変です。

一方、立憲民主が健闘、希望の党が失速なので、憲法改正もどうなるか不透明になってきました。

希望の党は御膝元の東京でも苦戦。そんな中、希望の党の内部の軋みが外に漏れだしてきました。

元民進党の柚木道義候補は演説会で小池代表を批判。その内容は次の通り。

「小池さんにモノ言いたいんです私は。皆さんと一緒。だってそうでしょう?仲間たちが一緒に、死に物狂いで頑張ろうとしてるんですよ?これまで皆さんと一緒に築き上げてきた党を潰して。それをあいつはダメだ、こいつならいい、さらさらないと全員受け入れる気は。排除の論理ですね。こんなこと言ってたら、安倍さんの上から目線と変わりませんよ、小池さんも。私はそう思いますよ。

で、ご本人に対してもやっぱり言うべきことは私は言わなければならない立場だと思ってるんです。前原さんに発展的新党、解党を進言した張本人ですから。ただね皆さん、小池さん、言葉は間違えました。トップリーダーはその言葉ひとつで、多くの皆さんに今日も来て頂いて、全国でこういうことさせて頂いてて、支えてもらってる仲間たちが今日もこの瞬間戦ってて、そういう仲間の、生き死にを、50人100人150人と決めちゃうんですよリーダーの一言が。

それがわからない人はリーダーになっちゃいけないんです。小池さんであれ誰であれ。戦争であれば死んじゃうんですよ。安倍総理もそうですよ?その一言で戦争になったらどれだけの人が犠牲になるんですか。リーダーというのはそういうものです。そして言葉間違って結果が出たら責任取らなきゃいけないですよ。そのことをやっぱり私は小池さんにはもっと受け止めてもらわなきゃいけないと思います。

そもそも私は選挙に出るべきだったと思いますよ衆議院選挙に。東京都民がどんなに批判しようが、それが国政政党のリーダーになるための条件ですよ。だから最後まで出るべきだと、今でも思ってます。出ないんだったら党首辞めてもらいたい。

橋下徹さんが出ないから維新が失速したじゃないですか。評価分かれるでしょうけどね橋下さん。そういうことをね、バンバン言っていきますよ小池さんに。ただし、それは私が受かればの話です。情勢は本当に、厳しいです……」

柚木候補は小池代表は衆院選に出るべきだという理由を

「選挙を戦う仲間の生死が掛かっているからだ」としています。

この発言の中には「国民の為」という文言がありません。自分の為だとしか思われなかったとしても仕方ありません。酷いものです。

ジャーナリストの有本香氏は「希望の党の立ち上げだとか言って、みんなで拳を振り上げてた人たちいるじゃないですか。あの中の複数の人がですね、はっきりと『小池さんのことが大嫌いだ』と。『この選挙さえ終わればすぐにでも離党したい』と。」と発言。

竹田恒泰氏も「周りを蹴落としてでもという人間の一番汚い部分が出ている。世のため人のためじゃなくて自分の食い扶持、メンツのため」

希望の党の酷さはそれだけではありません。

これも民進党出身の田嶋要候補は千葉市内での街頭演説で「出来たばかりの希望の党を実際に運営していくのは、民進党出身の私たち中堅の仲間たちです。決して、小池百合子さん一人だけの考えで前に進むようなことはしません……分かりにくい選挙にはなりましたが、私は安保の考え方も憲法改正に対する論議も、原発を動かさずに新しいエネルギー社会をつくる方向性も一切、これまで通りぶれません。小池さんが自民党と大連立を組むんじゃないか、憲法9条の改悪を企てるんじゃないかと心配される方もおります。万が一、小池さんが独裁的にそのような企てを行うようであれば、その時は私は希望の党にはいられない」と堂々と乗っ取り宣言し、乗っ取りできなければ離党すると明言しています。

なんだよ…変な議員が民進党にいたもんですね。希望の党から出馬しているなんて。

これが公認候補なのですから、呆れ果ててものが言えません。

小池代表は遊説で「東急ハンズにもニトリにもいろんなものが売っていますけれども、ちょっと足りないのが希望」などと発言して一部から批判を浴びているようですけれども、国民の希望を失わせたのは党の希望の党であったと自覚しなければいけない。その報いは選挙で明らかになるでしょうね。

====================================

さて、今週も各通貨の見通しウィークリーアウトルックを先週USD通貨、EUR通貨ビットコイン、金相場、銀相場を掲載したのでしたのでご覧ください。

(下のTrading Viewボタンを押す、又は下のURLにいくと、

私が情報を作成したTrading Viewのサイトに行けます)

URL:https://jp.tradingview.com/u/ryo-san/#published-charts

また、小生の師匠が生徒に対面でトレーディングを教える「プライベートレッスン」を実施中です。

師匠のプロフィール:http://fujisan2017.net/teacher_profile

レッスンについて:http://fujisan2017.net/20170920-2

Twitterでは、質問もメッセージいただければ、なるべく初心者目線で対応したいと思います。

Twitter: https://twitter.com/Fujisan2017Net

●週刊為替見通しアウトルックは下からお入りください。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。