GOLD/SILVER/USDJPY 10月10日 振り返り 自民党、快調な選挙戦を展開中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも!

報道ベンチャーJX通信社が10月7日、10月8日の両日に
東京都内において第3回衆院選情勢調査を実施。、

前回の比例東京ブロックで首位の
「希望の党」への投票意向が18%と11ポイント下落。

これを支持政党と投票先とで分けると、

希望の党を「支持政党」として答える人が13%、
「投票意向先」として答える人は18%です。

これが先週の同調査では、
希望の党を「支持政党」として答える人が16%、
「投票意向先」として答える人が29%でした。

「支持政党」としての希望の党は微減でとどまったのに対して、
「投票意向先」が大きく減っています。
これは希望の党に投票しようとしていた層の過半が
無党派層であることを示している訳です。

一方支持を伸ばしたのは、枝野代表率いる立憲民主党です。
「投票意向先」としていきなり18%を獲得。
希望の党と肩を並べました。

先週との比較で共産が3ポイント、未定が4ポイント減っていることを考えると、
先週、希望の党を投票先としていて、
今週減った11ポイントがそのまま立憲民主に流れたとみてよいか
と思いますね。
要するに、立憲民主が「反自民層の受け皿」になったということですね。
逆にいえば、純粋な反自民層が18%程度はいるといえるのかもしれません。

これに対して自民党はといえば、
先週から1ポイント伸ばして29%で安定しています。
自民が伸ばした訳ではなく、
野党が右と左に割れた御蔭で
相対的に自民が有利になったと見ることもできます。

こうなると次に気になるのは、獲得議席です。

選挙プランナーの三浦博史氏は、希望の党は伸び悩み、
自民党は単独過半数を獲得、自民・公明で290議席超と予測。
希望の党公認候補の乱暴な国替え、
幹事長や政調会長らの顔が見えない事などを指摘。

また、同じく選挙プランナーの松田馨氏も
小池都知事自身の支持率が減っていること、
小池都知事が出馬しないと宣言していることにより、
希望の党に勢いはなく、
全国で30から50議席程度、
対する自公は合わせて300議席を超えると予想しています。

先日の党首討論での小池代表の言論を聞く限り、
希望の党の政策がまだまだ生煮えの段階である上に、
元民進党の候補を受け入れた影響で、
その政策すらブレているような状況です。
これで”進化”といわれても、
文字通りに受け取るのは難しい。

これらを考えると今後票を集める可能性がある政党は、
希望の党ではなく、立憲民主当のようです。
反安倍の受け皿としての極左政党的色合いが濃く、
支持を伸ばすにも限界はありますけれども、
そこそこ一定の需要があることは、先の世論調査でも明らかです。

いよいよ公示日です。今の日本は国難の只中にあることをよく自覚して、
やはり間違いのない選択をすべきだと思いますね。

====================================

さて、早くもGOLD/SILVER/USDJPYで

当方の予測通りに進んでおります。

GOLD URL:https://jp.tradingview.com/chart/XAUUSD/pZxZ5S0h/

SILVER URL:https://jp.tradingview.com/chart/XAGUSD/vUeybUeQ/

USDJPY URL:https://jp.tradingview.com/chart/USDJPY/EY3Vg9ga/

その他の通貨に関しては、先週末に予測を出していますので

以下のTrading VIewのボタンをクリックすると、各通貨の予測をご覧いただけます。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。